ズワイガニ(ずわい蟹)とは

ズワイガニ(頭矮蟹)は、脚の長さに比べて頭が小さな事からこのように呼ばれています。普段は水深200~400mのところに生息していますが、産卵期には浅場に移動します。

ズワイガニ

地方によって、また雄と雌で呼ばれ方が変わります。

雄は、鳥取、兵庫、島根などでは松葉がに、福井の方では越前がにと呼ばれることもあります。

昔は、鱈場(鱈の猟場)で獲れたことからタラバガニ(鱈場蟹)と呼ばれていたこともあります。

雌は、地方によって様々な呼び方で呼ばれている。

北海道はもちろん、日本海側や太平洋側でも獲れる。

ズワイガニを食べよう

食べ方は、茹でる、蒸す、焼くなどです。身は甘く、また食感を楽しむこともできます。

雄と雌では大きさにかなりの差があり、雄は大きく脚は細いですが身はしっかりしています。雌は小さく脚が細いので身は少ないですが、甘みが合って美味しいです。内子は甘くて濃厚なおいしさです。

世界の各地で獲れるため輸入物がありますが、国産の方が甘くて美味しいです。ですが輸入物の方が脚が太いです。

他の種類の蟹